Amazonギフト券チャージで最大2.5%ポイントGet !

【5分で完了】lit.Linkで被リンクGET|ドメインパワーを上げるオススメの設定方法

litlink

こんにちは、 トモ( @tomo_web_jp )です。

今回は、ブログ運営を行うにあたって、私が使っているLit.Linkというサービスについて紹介します。

本記事のテーマ

Lit.Linkの使い方やその、構造を知ることでメインブログのドメインパワーを効果的に上げる

読者へのメッセージ

Twitterからメインブログへ人が来てくれると嬉しいですよね。

Googleから良いサイトであると認識されるためには、多くの人に見てもらうことでのドメインパワーの向上は欠かせません。

知らない人も多いんですが、Twitterからブログへのリンクはnofollowといってブログの価値(ドメインパワー)を上げるのには役に立たないんですよね。

逆に、dofollowリンクというものが増えるとブログの価値は上がっていきます。

今日は、このLit.linkを使うことでTwitterや他のSNSから来てくれる人のリンクをdofollowに変えてドメインパワー向上に貢献することができる方法について紹介します。

目次

Lit.link(リットリンク)とは

ここでは、Lit.Linkを知らない人のために、Lit.Linkとは何か解説します。

Lit.link(リットリンク)は”SNSのリンクをまとめる”サービス

Lit.LinkHPから引用

ブログをはじめ、Tiktok/Pinterest/Instagramなどのリンクを1つのページにまとめることができます。

1つのページにまとめることができるので、”名刺のようなサービス”と考えていただいてもいいと思います。

このリンク1つを相手に送ったり、Twitterのプロフィールに貼れば、自分が登録しているすべてのSNSにアクセスできるようになるので便利ですね。

とりあえず見てみたい人は、リンクを貼るのでぜひ見ていってください。

https://lit.link/tomowebjp

おしゃれなデザインのリンクページを簡単に作成できる

特徴はもう1つあって、作成できるページが結構おしゃれなんですよね。

こんな感じのページが数分で作れちゃいます。

私がしたことは、画像をUPしたことと、リンクを貼ったことくらいですね。

実際のリンクは下記の通りです。

https://lit.link/tomowebjp

lit.link(リットリンク)は完全無料&面倒なメルマガも無し

これかなりうれしいですよね。

完全無料&うっとおしいメルマガもないので、安心して使っています。

結構私の中ではポイント高くて、無料はいいけど変な広告やメールがたくさん来るサービスってありますよね。

あれって結構時間を消費したり、精神的なノイズになるので小さいけれど結構ストレス溜まるんですよね。

私のLit.linkページ

せっかくなので、私の Lit.link ページを紹介します。

Lit.linkを使うメリット

ドメインパワーの強いサイトから、dofollowでリンクできる

Lit.Linkは、ドメインパワーの強いサイトです。

この強いサイトからdofollowのリンクを送ることができます。

71.8ってめちゃくちゃ強いですね。

(補足)dofollowのリンクとは?

検索エンジンは、独自のロジックでサイト掲載の順位を決めています。

その際の評価に使われる1つが、被リンク(リンクされている状態)です。

信頼のおけるサイトからリンクを貼られているのであれば、そのサイトも信頼できると考え、被リンクが多いほど信頼性がまして、検索上も上位に表示されやすくなるということです。

(補足)ドメインパワーの調べ方

ドメインパワーは以下のサイトで調べることができます。

https://www.ispr.net/

created by Rinker
¥2,090 (2022/10/03 01:03:21時点 Amazon調べ-詳細)

Lit.linkのオススメの使い方

私のおすすめの使い方

写真を使った方が、カッコよく、読者の目に留まるため、3ピクチャリンクのレイアウトをお勧めします。

リンクを追加>ピクチャリンク>3ピクチャリンク

視覚的に見せたほうが、読者が自然にクリックしてくれる傾向があります。

もともと用意されているおしゃれな写真もえらべるので、ぜひ画像を載せましょう。

①リンクを追加

②メニューから3ピクチャリンクへ

③画像をアップロード&画像毎にリンク設定

画像にあるように、3つの画像をそれぞれアップロードします。

タイトルやテキストを入れることもできますが、小さいので私は省略しています。

その下に、URLを設定する箇所があるので、読者に飛んで欲しいURLを設定します。

④マークをつかんで、好きな場所に並び替え

▲・・・▼マークをつかむと並び替えができます。

私はこの3ピクチャリンクを3段つくっているので、好きな場所に並び替えています。

Lit.linkを使ったドメインパワーUPの仕組み

・Twitterからのリンクはnofollowでドメインパワーが上がらない。
・プロフィール欄から、直接ブログへのアクセスは損している。
・Lit.Linkを間に挟むことで、Twitterからのアクセスを、Lit.Linkからのアクセスに変えることができる。

方法1:Lit.Linkからブログに対してリンクを貼って来てもらう

https://lit.link/tomowebjp

私のLit.Linkを見てもらうとわかると思いますが、各画像にリンクを貼っているのでそれらを通してLit.Linkからブログに来てもらいます。

方法2:Google検索結果のリンクを張ることで検索結果として来てもらう

Google検索結果のリンクを貼ることで、Lit.Linkから一度Google検索をしてもらい、自分のブログに来てもらいます。

この場合、Lit.linkからの被リンクではなくGoogleから直接指名件検索できたことになるので強力です。

Google検索でブログ名で1位に検索されない場合や、似た名前のブログがすでにある場合この方法は注意が必要です。ブログ名を決める際はユニークな名前や造語だとこの方法が向いています。

created by Rinker
¥2,090 (2022/10/03 01:03:21時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがだったでしょうか。

ブログを始めたての弱小ブロガーは被リンクを活用して、ブログを育てていけるといいと思ったのでシェアさせていただきました。

読者のお役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次