Amazonギフト券チャージで最大2.5%ポイントGet !

【カメラ初心者】MSAPって何?撮影モードの違いについて学ぶ|シャッタースピードと絞り値

MSAP

こんにちは、 トモ( @tomo_web_jp )です。

今回はα7Ⅳでミラーレス一眼をはじめるにあたって、カメラの基礎を学びたいと思います。

本記事のテーマ

「撮影モード」について学びます。

読者へのメッセージ

カメラを始めて、最初に「ウッ」とくるのが、撮影モードではないでしょうか。

カメラの右上にある謎の英語が書かれたダイヤルですね。

「M? S? A? P?、、私・・AUTOでいいっす。」

私もカメラをはじめに触った時には、こんな気持ちでした。ディスプレイに謎の英語が出てくるのって怖いですよね。

今回は、この撮影モードについて学びます。

これからカメラを本格的にやっていくのであれば、しっかりマスターして自分なりの表現したいものに合わせたベストな設定ができるように学んでいきましょう。

それでは行ってみましょう!

目次

撮影モードとは?

撮影モードとは、カメラに入る光を調整する設定

・露出モード
・撮影モード

とも呼ばれるカメラの超基本となる設定を指します。

露出を決めるために、絞り値(F値)とシャッタースピードをコントロールするための設定です。

露出とは、カメラに入ってくる光の量のこと、又はセンサーに光を当てることを言います。

すなわち、この撮影モードをいじることで、カメラに取り込まれる光を調整しボケや明るさ、シャッタースピードをコントロールすることができるということです。

シーンや、自分のイメージによって使い分けることができれば、よりハイクオリティな写真が撮れるわけです。

α7ⅣにはMSAP+AUTOの撮影モードと、1,2,3のカスタム設定がある

撮影モードダイヤル

私の手元にあるα7Ⅳを見ると、MSAPに加え、AUTOと1,2,3という設定があります。

・M:マニュアル
・S:シャッタースピード優先オート
・A:絞り優先オート
・P:プログラムオート
・AUTO:自動
・1,2,3:カスタム設定

1,2,3は自分で決めた設定をあらかじめセットするカスタム設定(ショートカットキーのような設定)です。

カスタム設定については今は、忘れましょう。

この撮影モードダイヤルをカチカチ回すことで、設定を変更することができます。

抑えるポイントは2つ

絞り値(F値)
シャッタースピード

この組み合わせのことを「露出」と言います。カメラが光を取り込む光の量のことでしたね。

撮影モードの4種類(MSAP)

M マニュアル

M マニュアル設定
・絞り値(f値)    自分で決める
・シャッタースピード 自分で決める

Mはマニュアル(Manual)の頭文字のM。

すべて自分で設定したい場合に、Mを選びます。

カメラの自動設定機能を使わないため、上級者向けの設定になります。

カメラが露出を自動調整する機能が働かないため、設定を誤ると暗すぎたり明るすぎて失敗してしまうこともあります。

それでも、自分なりの設定や、こだわりの絞り値(F値)、シャッタースピードにしたい場合などに使うことができ、表現の幅が広がります。

S シャッタースピード優先オート

S シャッタースピード優先オート
・絞り値(F値)   カメラで自動
・シャッタースピード 自分で決める

Sはシャッタースピード優先の(Shutter Speed)頭文字Sです。

シャッターの頭文字Sという人と、スピードの頭文字 Sという人がいますね。私は覚えやすいのでスピードのSと覚えています。

シャッタースピードを自分で設定し、それに対して適正な露出になるようにF値をカメラが自動設定してくれるモードです。

スポーツや、動物など被写体が素早く動くものを撮影する際に、シャッタースピードを自分で調整するのに「S」設定が適しています。

A 絞り優先オート

A 絞り優先オート
・絞り値(F値)    自分で決める
・シャッタースピード カメラで自動

Aは、絞り優先オートというモードです。

Aは、Aperture value(アパチャーバリュー)の略です。Apertureが「絞り」という意味で、Valueは「値」ですね。

すなわち、絞り値を優先しますというモードです。

絞り値(F値)を自分で設定し、それに対して適切な露出になるようにシャッタースピードをカメラが自動設定してくれます。

物撮りなど、動きの少ない被写体をF値を調整しながら撮影するのに「A」は向いています。

P プログラムオート

P プログラムオート
・絞り値(F値)    カメラで自動
・シャッタースピード カメラで自動

Pは、プログラムオート(Program Auto)の頭文字Pです。

SとAでは、シャッタースピードと、絞り値のいずれかを自動調整したのに対し、Pでは、両方とも自動調整することができるモードです。

また、プログラムシフト(Program Shift)といって、露出を一定にしたまま撮影者がシャッタースピードと、絞り値を調整することもできます。

Pモードでは、「露出」のバランスのみを自動調整してくれます。

AUTO

露出(F値、シャッタースピード)
ISO感度
ホワイトバランス

露出(F値、シャッタースピード) に加え、ISO感度、ホワイトバランスも自動で調整してくれるのが、AUTOモードです。

まとめ

PSAだと撮影者が決めた明るさになります。


優先というのは、その値を動かさないという意味。Aだと絞り値を固定して、他を自動にする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次