このブログはSWELLを使っています。>>公式サイトはこちら

【半年使って思う本音】Sony FE 24-70mm F2.8 GM2の本当のところ

こんにちは、 トモ(@tomo_web_jp)です。

今回は、私の愛用のSony FE 24-70mm F2.8 GM2について、半年使って思うことを本音で語ります。

本記事のテーマ

Sony FE 24-70mm F2.8 GM2の本音、半年レビュー

読者へのメッセージ

Sony FE 24-70mm F2.8 GM2を買って半年。

安倍川花火、沖縄旅行、御殿場旅行などいろいろなところに連れて行きました。

その中で私が感じたSony FE 24-70mm F2.8 GM2のいいところ・気になるところをまとめます。

それでは行ってみましょう!

\α7Ⅳをさらに詳しく知りたい人はα7Ⅳパーフェクト撮影ブックがおすすめ!/

created by Rinker
技術評論社
¥2,420 (2022/11/27 17:43:55時点 Amazon調べ-詳細)
目次

Sony FE 24-70mm F2.8 GM2で動画も写真もこれ1本

Sony FE 24-70mm F2.8 GM2の紹介

項目内容
名称FE 24-70mm F2.8 GM II
型番SEL2470GM2
発売日2022/6/10

Sony FE 24-70mm F2.8 GM2を半年使った感想

半年間使って来て、一番感じるのは「これ一本でなんでもできる」こと。

これは他のレンズを使った時にはなかった満足感です。

焦点距離が24mm-70mmまであるので、24mmで自撮りや自分を含めた家族までを撮影できるし、70mmあればキッズを近くで撮影できます。

ボケ味も美しく、細部まで解像感があって「最初で最後のレンズ」には最適だと改めて感じています。

やや高いけど、これで物欲が治るならイイんじゃないじゃないかなと思います。

(もしも、要らなくなったら飽きたら売ればいいし。)

Sony FE 24-70mm F2.8 GM2のいいところ

なによりもテンションがあがる

Gマスターレンズに高揚する

「Sony FE 24-70mm F2.8 GM2で撮影している」

持ってるだけで、最強の武器防具を装備している高揚感を感じます。

この気持ちよさは何度構えても感じますね。

高いレンズということもあり、使うたびに所有欲を満たしてくれます。

上手く撮れた時の気持ちよさは最高です。

動画も写真もこれ一本のオールラウンドなレンズ

@静岡旅行の写真|新幹線から富士山を撮り逃す

ほんとこれ。

この一本あれば、動画も写真もいける標準域のズームレンズなので買って損はないです。

景色をとっても、家族をとっても、料理に寄ってもなんでも撮れます。

キッズの体操教室では、保護者席では物理的に近づくことができず撮れなかったのですが、この24-70GM2ズームレンズではひょうきんな表情が、まつげ髪の毛まで詳細に映ります。

どんなシーンでも撮れると、活用頻度が上がって持ち歩くのも楽しみになりました。

@神奈川県 愛川公園からの宮ヶ瀬ダム

うっとりするほど抜群な解像感

@静岡県 御殿場旅行の写真|早朝の高嶺の森

「解像感」と言ってみたかったんです。解像感が何かは私はまだしっくりきてませんが、細部までパッキリ綺麗に映る、より繊細に映ることだと思っています。

先日、御殿場に行った際に秋の紅葉や、早朝の景色を撮影したら、本当にうっとりしました。

私カメラの初心者レベルですが、きちんと美しく収めてくれるカメラとレンズには感謝です。

写真を見返すと、その時の思い出が細部まで蘇ってきて買って良かったと思う瞬間です。

細かくシャープに映るので写真を拡大して使うこともできるのがいいですね。

御殿場旅行の写真|高嶺の森、朝散歩をして薪を撮影
@山中湖の紅葉

寄れる・寄れる・寄れる

めちゃくちゃ寄れます。

トンボが止まっていた時にパシャリ。

近づいても撮影ができることが自分の活動の範囲を広げます。

沖縄でトンボを撮影|ちょっとピントが浅いのが惜しい
かき&ぼけ

24mmで自撮りができる、パパも含めた家族で写真がとれる♪

自撮り時には24mmでレンズを持って撮影

これ結構大事。

これまではカメラを持つと妻とキッズの写真ばかりでした。

しかし、このレンズの24mmの焦点距離があるおかげで「自撮り」ができるんですよね。

(ちょっぴり重たいですが)

自撮りが出来るので、家族写真の幅が広がって断然撮影が楽しくなりますよね。

α7Ⅳにシューティンググリップをつけて

70mm&AFで走り回るキッズに喰らいつく

70mmで近寄れて、さらに純正レンズなのでAFのききも申し分ないです。

これで動き回るキッズを捉えて決定的瞬間を撮影することができます。

これが結構楽しいんですよね。

Sony FE 24-70mm F2.8 GM2の気になるところ

値段が高い

30万円するレンズです

やっぱり、今振り返っても高いです。

30万円近くするレンズを気軽に購入することはできません。

本体も必要なので、合わせて60万円程度になっています・・。怒られそう。

私は臨時収入あってこその購入なので、本来は手にできない身分です。

(そのためにブログもたくさん書かなきゃね)

でも、30万円を許してもらえるならば、最強のレンズと言ってもいいと思います。

本音は重いよ

本体合わせて1300kgを超える

慣れている人は、”コンパクト”と表現するかもしれませんが、私にとっては重たいです。

α7Ⅳはメディアとバッテリー込みで約658g、この24-70mm F2.8 GM2は695g

合わせて、1,353gになります。

片手で自撮りが出来ると書きましたが、プルプルしているのは秘密です。

強力な手ぶれ補正あるから問題ないかか笑

これを”軽い”と表現できる人は、相当マッチョな予感がしますね。

Sony FE 24-70mm F2.8 GM2を安く購入するには?

Amazon&楽天で価格をチェック!

Sony FE 24-70mm F2.8 GM2を安く購入するためには、Amazonや楽天をチェックします。

レンズはあまり価格が下がらないのと、昨今の円安で値段が上がる場合もあるので要注意です。

Sony FE 24-70mm F2.8 GM2と合わせて購入したいもの

ここでは私がSony FE 24-70mm F2.8 GM2と一緒に実際に使っているアイテムを紹介します。

カメラ本体|ミラーレス一眼カメラα7Ⅳ

カメラバッグ|ピークデザインエブリデイスリング 6L

カメラストラップ|ピークデザイン リストストラップ&スライドライト

カメラ本|α7Ⅳパーフェクト撮影BOOK

created by Rinker
技術評論社
¥2,420 (2022/11/27 17:43:55時点 Amazon調べ-詳細)

カメラアクセサリー|メモリーカード、レンズフィルター、防湿庫etc

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次