Amazonギフト券チャージで最大2.5%ポイントGet !

MacのExcelで値貼り付けをショートカットキーで行う方法|「リボンにないコマンド」から「値の貼り付け」を選択

Mac-paste

こんにちは、こんにちは、 トモ(@tomo_web_jp)です。

MacのExcelで値の貼り付けの際に、「形式を選択してペースト」ダイアログでタブを3回押してるあなたに向けて書きます。

本記事のテーマ

Excel for Macユーザに向けて「値の貼り付けをショートカットキーで行う方法」について書きます。

読者へのメッセージ

Excelの操作は、ほんのちょっとのことでも繰り返していくうちに、とんでもない時間と集中力を消費していることがありますよね。

今回は、ほんの些細な操作ですが、値の貼り付けですが、ショートカットキーで操作する方法を解説したいと思います。

実は1日のうちに10回位は行っている操作なので、ショートカットキーをセットしておくことをオススメします。

それでは、いきましょう。

目次

Excel for Macの悩み|コピペ時に書式も一緒にCopyしてしまう

今回の解説する悩みについてまとめます。

セルの書式をいちいち一緒にコピーしてしまう

Excel for Macで普通に、コピ&ペーストすると、書式も一緒にCopyしてしまうことありませんか。

ソースデータが、他の人が作ったカラフルな表だったりすると、結構手間なんですよね。

デフォルトの書式含めてCopyする機能は、それはそれで使うので取っておきたいです。

ショートカットキーが無ければ「形式を選択してペースト」ダイアログでタブを3回

「形式を選択してペースト」ダイアログでタブを3回押すみたいな操作になります。

または、マウスで押しに行く形ですね。

はっきり言いますが、あなたは【非効率】な操作をしています。(私もでした・・)

Excel for Macにおけるショートカットキーの割り当て方法

ここでは、Macユーザに向けて、ショートカットキーの割り当て方法を解説します。

Excelのリボンタブから、ショートカットーキーの割り当てに進む

Excel for Macのショートカットキーの割り当てに進みます。

Excelの[ツール] メニューの [ショートカット キーのユーザー設定] を選択します。

「リボンにないコマンド」から「値の貼り付け」を選択

下記の画面で、分類は「リボンにないコマンド」をセットし、コマンドは「値の貼り付け」を選びます。

新しいショートカットキーを指定したらOKを押して終わり!即使えます。

値の貼り付けをショートカットキーに設定する方法
値の貼り付けのショートカットキー

私の場合は、Control + Command + Vにしました。

Control + Command + V

若干、手がツイスター状態ですが、快適です。

使いやすいショートカットキーを作成することをオススメします。

ショートカットキーを多用するのであれば、StreamDeckがオススメ

断言しますが、ショートカットキーをたくさん覚えるのは非効率です。

Macのショートカットキーを覚えるのは非効率

生産性にこだわるあなた。

ショートカットキーを真面目に覚えてませんか?それは非効率でしかないです。

理由は、覚えられる範囲だけでしか効率化されないからです。

そして、記憶には脳のメモリーを使ってしまうので、自分自身の効率が落ちます。

ショートカットは、StreamDeckに5秒で登録

私は、ショートカットキーの操作をStreamDeckを使って行うことが多いです。

理由は、使いやすさとわかり易さです。

今回の「値の貼り付け」だけだったらいいのですが、アプリごとに、100以上のショートカットキーを使っていく場合に、記憶任せにショートカットキーを作っていくのはめちゃくちゃ非効率です。

本当に5秒くらいでさっとボタンを作れるので、StreamDeckを使っていない人は要チェックです。

まとめ

気になったショートカットキーはどんどん取り入れて効率化していきましょう。

関連記事

Macの効率化関連をこの記事にまとめています。

もしよかったらチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる