このブログはSWELLを使っています。>>公式サイトはこちら

Macのパワーポイントでショートカットキーを作成する方法

powerpoint for Mac

こんにちは、 トモ(@tomo_web_jp)です。

MacのPowerpoint(パワーポイント)でショートカットキーを設定する方法を解説します。

本記事のテーマ

Powerpoint for Macユーザに向けてPowerpointを効率的に使う方法・テクニックについて書きます。

読者へのメッセージ

Powerpointを使いこなすためには、ショートカットキーは欠かせません。

Powerpoint for Macでショートカットキーを自分好みにカスタマイズするには、ショートカットキーの割り当てが必要です。

今回は、Powerpoint for Macを効率よく使うために、ショートカットキーの割り当てについて解説します。

目次

Powerpoint for Mac|ショートカットキーの作成方法

①ツールバーからショートカットキーを作成したいメニューを探す

Powerpointを立ち上げた状態で、画面上部のツールバーからショートカットキーを作成したいメニューを探します。

例えば、今回は配置/整列の「左揃え」に対して、ショートカットキーの割り当てをしてみたいと思います。

ツールバーからメニューを探す

②システム環境設定>キーボード

Macのツールバー右上の「リンゴマーク」から「システム環境設定」を開きます。

システム環境設定の中の「キーボード」を選択します。

③ショートカットを設定する

「キーボード」の「ショートカット」は、アプリケーションに対して自由にショートカットを割り当てられるMacの機能です。

左のメニューから「アプリケーション」を選択し、中央の「+」からPowerpointに対してショートカットキーを追加します。

「+」を押すと、ショートカットキーを設定できます。

アプリケーション:Microsoft PowerPoint.app
メニュータイトル:左揃え
キーボードショートカット:(自由に指定)

「追加」ボタンをクリックすることで完了です。

メニュータイトルは、ツールバーに表示される名称とピッタリ一致させます。
○左揃え
✖️左に揃える
✖️左揃
一致しない場合は、ショートカットキーが動作しませんのでご注意ください。

キーボードショートカットは自由に設定します。私は「⌘←」にしてみました。このあとStreamDeckなどのガジェットに登録するのであれば、複雑なキーでも良いと考えます。StreamDeckはあらゆる操作を、ボタンにセットできる神ガジェットです。

④ショートカットキーが設定されたことを確認

Powerpointのツールバーから、ショートカットキーが設定されたことを確認できます。

まとめ

MacのPowerpointはWindowsのPowerpointを使っていた人からすると、操作性の違いにあたふたしますね。

ショートカットキーの割り当てはそんなPowerpointの操作を劇的に改善することができます。

あわせて、StreamDeckのようなガジェットでショートカットーキー自体も忘れて操作することができれば、抜群にスライド作成時間が短縮されます。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次