Amazonギフト券チャージで最大2.5%ポイントGet !

【α7Ⅳ設定紹介】クリエイティブルックとは?略称の意味は?私の実際の設定例を紹介

クリエイティブルック

こんにちは、 トモ(@tomo_web_jp)です。

今回は、α7Ⅳをいじるのが最近楽しいです。カメラ初心者の私が少しづつ、α7Ⅳの使い方を学んでいきたいと思います。

本記事のテーマ

α7Ⅳユーザ向けに、クリエイティブルックについて簡単に解説します。

読者へのメッセージ

写真を撮ることよりも、α7Ⅳをいじることが目的になっているこのごろ。

写真の色味を変えたいんです。エモい感じに。

そのために、今回はクリエイティブルックを調べてみました。

知らない言葉もどんどん学んでいきたいと思います。

それではいってみましょう!

目次

今回のα7Ⅳに関する疑問:クリエイティブルックってなに?

クリエイティブルックの設定は[露出/色]の[カラー/トーン]の下

α7Ⅳクリエイティブルック2
[露出/色]>[カラー/トーン]>[クリエイティブルック]

クリエイティブルックのメニューは、[露出/色]の中の[カラー/トーン]の中にあります。

クリエイティブルックとは、見た目や印象を変える機能

写真の見た目・印象を変える機能

写真の見た目は色の濃さ、明るさ、コントラスト、シャープさなどの組み合わせで構成されている。

公Sonyα7Ⅳでは、10種類の「クリエイティブルック」を選ぶことで、簡単に見た目・印象を変えることができる。

作例は記事の下の方に載せています!

スクロールできます
メニュー項目略語呼び方内容
STStandardスタンダード被写体、シーンに幅広く対応する標準の仕上がり。
PTPortraitポートレイト肌をより柔らかに再現する。人物の撮影に適している。
NTNeutralニュートラル彩度・シャープネスが低くなり、落ち着いた雰囲気に表現する。パソコンでの画像加工を目的とした撮影にも適している。
VVVividビビット彩度とコントラストが高めになり、花、新緑、青空、海など色彩豊かなシーンをより印象的に表現する。
VV2Vivid2ビビット2明るく色鮮やかな発色で、明瞭度の高い画像に仕上がる。
FLFilmフィルム落ち着いた発色と印象的な空や緑の色味に、メリハリのあるコントラストを加えることで雰囲気のある画像に仕上がる。
IN不明不明コントラストと彩度を抑えたマットな質感に仕上がる。
SHSoft&High key
Shine?
ソフト&ハイキー
またはシャイン
透明感、柔らかさ、鮮やかさを持つ明るい雰囲気に仕上がる。
BWBlack&Whiteブラック&ホワイト白黒のモノトーンで表現する。
SESepiaセピアセピア色のモノトーンで表現する。
公式サイトを参考

※略語について、何の略語なのか公式には発表されていないようです。上記の表は、いろいろなブログや記事を見て私が妥当だと思うものをまとめさせていただきました。

[2022/6/10更新]クリエイティブルックの略称についてSonyに問い合わせました!

先日、どうしても知りたくなってSonyに直接問い合わせてみました。

結論:正式な略称は非公開

回答は、「クリエイティブルック」および前の世代の「クリエイティブスタイル」についての略称の法則性は非公開とのことでした。

そのため、INやSHが何の略なのか、想像していくしかないですね。

そう言うルールなので仕方ない。ここは、あきらめましょう。

クリエイティブルックはどう設定する?

シーンによって使い分けて使います。

使うためには、まずは略称とその設定で取れる写真を覚えることが大切です。

また、起動しやすいことも使いこなす上で大切だと思います。

ショートカットを設定して気軽に変えられるようにすることが大切です。

ショートカットを設定して気軽に変えられるようにすることが大切です。

私は、シャッター横のC2ボタンにクリエイティブルックを設定し、ファインダーを覗きながら変えられるようにしてみました。

結論:シーンに合わせて自由に使うことに!

クリエイティブルックの略語を調べて意味を調べていったら、何となくイメージがわかって来ました。

自由にSTを基本として、FLやSHを主に使うかなという感覚。

今のところ、どれを使うか固定する気はありません。

いろいろ撮ってみて自分の感覚と合う写真を撮っていきたいと思います。

【α7Ⅳ】クリエイティブルック作例

クリエイティブルック|ST

α7ⅣクリエイティブルックST作例
クリエイティブルックST作例

被写体、シーンに幅広く対応する標準の仕上がり。ということで何にでも使えるベースとなるクリエイティブルックですね。

クリエイティブルック|PT

α7ⅣクリエイティブルックPT作例
クリエイティブルックPT作例

肌をより柔らかに再現する。人物の撮影に適している。

デスクを撮影するとSTとの差はあまり分かりません。ややくらい印象です。

クリエイティブルック|NT

α7ⅣクリエイティブルッNT作例
クリエイティブルックNT作例

彩度・シャープネスが低くなり、落ち着いた雰囲気に表現する。パソコンでの画像加工を目的とした撮影にも適している。

デスク撮影では、あまり使わないですね、加工ありきの色味かもしれません。

クリエイティブルック|VV

α7ⅣクリエイティブルックVV作例
クリエイティブルックVV作例

彩度とコントラストが高めになり、花、新緑、青空、海など色彩豊かなシーンをより印象的に表現する。

デスクの場合は色が強調されていますね。VV2に比べるとVV2の方がホワイトがやや明るい印象を受けます。

クリエイティブルック|VV2

α7ⅣクリエイティブルックVV2作例
クリエイティブルックVV2作例

明るく色鮮やかな発色で、明瞭度の高い画像に仕上がる。

ぱっと見一番綺麗な印象です。私のデスク周り写真は暗くなりがちなのでこういった印象的な色味が出るといいですね。

クリエイティブルック|FL

α7ⅣクリエイティブルックFL作例
クリエイティブルックFL作例

落ち着いた発色と印象的な空や緑の色味に、メリハリのあるコントラストを加えることで雰囲気のある画像に仕上がる。

フィルムをイメージとしたクリエイティブルックなので、デスクにはあまり使わないでしょう。落ち着いた印象になります。

クリエイティブルック|IN

α7ⅣクリエイティブルックIN作例
クリエイティブルックIN作例

コントラストと彩度を抑えたマットな質感に仕上がる。

たしかにマットな印象ですね。

クリエイティブルック|SH

α7ⅣクリエイティブルックSH作例
クリエイティブルックSH作例

透明感、柔らかさ、鮮やかさを持つ明るい雰囲気に仕上がる。

ややエモさが加わるような印象を受けます。淡く明るい写真を撮りたい時は使いたい設定です。

クリエイティブルック|BW

α7ⅣクリエイティブルックBW作例
クリエイティブルックBW作例

白黒のモノトーンで表現する。

白黒です。デスクは派手に表現したいので、白黒はデスク写真には不向きです。

クリエイティブルック|SE

α7ⅣクリエイティブルックSE作例
クリエイティブルックSE作例

セピア色のモノトーンで表現する。

こちらも、BWと同じくデスク撮影には合わないですね。SHやVV2が印象的でいい感じ。

【α7Ⅳ】クリエイティブルック作例比較

横に並べて色味の違いをチェック

デスク写真であれば好きな色味は「VV2」です。色が明るくはっきり写って鮮やかです。

「SH」も好みですね。VV2に比べるとSHはややマイルドな色味に見えます。

【α7Ⅳ】クリエイティブルック設定まとめ

いかがでしたか?

わからない設定は調べてまとめていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

※もし誤りがあればTwitterなどでお気軽にご指摘ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる